農林水産業も新型コロナ対策で手厚く支援します!

今週、新型コロナ対策第4弾というべき第二次補正予算が閣議決定され、国会審議入りを待っていますが、一日も早く成立させ、皆様にお届けしたいと思います。

働く皆さんの雇用や所得を支援する雇用調整助成金や中小企業を始めとした企業支援、医療体制の強化、地方自治体への交付金、低所得子育て世帯への支援、学生支援、文化芸術関係などが入っていますが、これまで書いてきましたので、今日は、三河で盛んな農林水産業について書きます。

●まず、コロナで需要が大きく落ち込んだのは、花のみならず、飲食店が自粛した為に大葉やつま菊など施設園芸に大きな影響が出てしまいました。また果物や野菜も同様です。

施設園芸は固定費も高く、他の農業と比べて負担も大きいので、支援のかさ上げが必要でしたので、新支援制度をつくりました。

また、現在は需要減が出始めたならば、他の作物でも、現場から県庁に需要減などのデータを出せば、新制度の対象に入れられるようにしました。

●また、高級魚が飲食店で扱われなくなり、需要減で、漁業者さんにも大きな影響が出ています。漁業者には、元々、漁獲量が変動しやすく収入が不安定になりがちなので、積立プラスという収入保険がありますが、これをしっかり安定運用できるように積み増しました。

●そして、農林水産業でも、他の産業と同様に、新しい生活様式の中で、感染防御策を行いながら、進めていかなくてはなりません。しかし、収入減で困っている中で、投資は不可能ですから補助金で支援しなくてはなりません。他の産業では、中小企業庁の補助金が使えますが、農林水産業はありませんでした。そこで、農林水産業も経営継続補助金を創設しました。

●今回の感染症パンデミックで東京の過密リスクが明らかになりました。元々、満員電車などで東京の生産性は実は低下しています。東京一極集中のリスクがここにあります。

農林水産業の重要性を都会の方々も見直して頂く時期にあると思います。

●内需主導型の経済を一層支える為に、農林水産業振興など地方創生、また減税など税の在り方の変更も含めて、進める時です。

#豊川市 #蒲郡市 #新城市 #幸田町 #設楽町 #東栄町 #豊根村 #稲武 #新型コロナウイルス #対策 #若手 #改革派 #農業 #林業 #漁業 #花 #おおば #つまもの0CD332E1-B527-470D-BB79-8482EB270601