今週もワクチン接種お手伝いをしてきました。

今週も、14区内でワクチン接種の打ち手のボランティアを行いました。
特に幸田町では、初めて役場のホールを使っての接種でした。
地域によって様々なやり方で進んでいますが、重症化及び命へのリスクが高い、ご高齢の方やリスクの高い既往歴がある方から、順序だてて接種を進めることは、正しいと思います。
基本はやはり、市町村による個別、もしくは集団接種での接種になると思います。
個人的なご不満がある方もいらっしゃると思いますが、感染リスクではなく重症化リスクを先に減らすことで、通常の感染症と変わらないような状況に早く移行し、命を守ることと社会全体への影響も最小化出来るのではないでしょうか?
ただ、健康情報などの個人情報も多分に含まれますので、公表も出来ないこともたくさんあるとは思いますが、接種主体である市町村も必死にやっていますので、ご理解を賜れればと思います。
今後も、希望者へのワクチン接種が一日も早く進むように全力を尽くします。
iOS の画像 (1)