ワクチンの供給に関してまして。

先日、我が家にもワクチン接種券が届きました。
ワクチンは、9月末までに1億1000万人分(2億2千万回分)が供給されることが元々、決まっています。
今回のワクチンは言うまでもなく、希望制ですから、希望率100%とかありえないのですが、仮に100%になっても行き渡る量です。
基本的に等分で安定供給されるものですから、ちょうど良いペースとして、1日100万回接種を政府として目指してきました。
1日120万回くらいまでなら、一時的な逼迫もなく、安定的に供給と接種が同じくらいのペースていけると考えていましたが、さすがに1日160万回となると、一時的に逼迫すると思います。それが今の状況です。
河野大臣も見通しについて謝罪しています。
誤ったと思ったら謝る。
普通に、こういうことを行うことは、当たり前ですが、重要です。
供給を前倒しできないか、容易ではありませんが、必死で交渉も頑張っています。
とにかく希望者に行き渡るよう、確保も打ち手ボランティアも頑張ります!

 

接種兼