愛知14区「みらい三河」版 新3本の矢

マイホームリゾート&テクノロジータウンを目指して

1. インフラ整備:地域の持つ価値を最大化
●国道23・151・247・473、三遠南信・三河東濃線等
北設井桁道路、スマートIC、名浜道路、豊川用水
防災対策(海岸、河川、ダム等)
●三河港整備推進とクルーズ船・花火等イベント誘致

2. 強い産業づくり:仕事を生み、雇用と所得向上
●中小企業支援、交流人口増加の為の東三河観光圏
スポーツコンベンション・オリンピック事前合宿
●農商工+観光連携等で農林水産業の付加価値アップ
●新産業創出:再生医療、自動走行・空飛ぶ自動車
ロボット(介護支援やドローン)、宇宙

3. 愛知14区37万人総活躍:人口減少対策
●大学医学部移転で、愛知14区に医大を誘致!
●ハンディキャップがあっても頑張れる社会:
医療・介護・福祉の充実 特に、
医師・看護師・介護士増員。産科小児科・救急、難病
●子どもを安心して産み育てる環境作りと女性パワー応援