税制改正

今日まで、ずっと来年度の税制改正に向けて準備をしてきましたが、何ヶ月もの議論を経て、税制改正大綱がまとまりました。
関わられた与党国会議員・財務省の全ての皆様に心から感謝です。

全国的な経済成長の中で増えた大企業の内部留保金が、賃金に廻り、国民一人ひとりが成長を実感できるような税制をつくりたいと、選挙中も申し上げていましたが、法人税改革では、賃金を上げた企業への減税を大綱に盛り込めました。

また、地域の中小企業は、社長の高齢化という問題もあり、次世代への継承が重要ですが、抜本的な改革で、企業継承を行えるような税の特別措置も出来ます。

また、森林環境税も、山の持つ防災や水・空気など多面的機能を評価して頂き、大都会の方々も含めて広く、山を支援し、新たな林業政策を行う形に出来ました。

特に、愛知県森と緑づくり税など、各県でやっている政策と住み分けし、また国民の皆さんへの負担も最小限化した形で調整できたのは良かったです。

さぁ、この後は、補正予算や来年度予算の最終調整に全力投球です。

今日のランチは、補正予算や来年度予算の最終調整で、財務省から出られず、財務省食堂で、青椒肉絲丼で元気をもらいました。

年末は一番忙しい時期で、財務省職員さんも、直ぐにご飯を食べて仕事に戻っていました。政務官13

政務官14

政務官15