消防団地域防災力強化法

東日本大震災以降,自然災害に対する恐ろしさを再確認するとともに,防災政策を求める声が大きくなっております。

しかも,地域において日頃から自主的に自然災害に対応することの重要性が,津波被害の教訓として認識されております。

そこで,消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律制定に関わらせていただきました。

同法では消防団を「将来にわたり地域防災力の中核として欠くことのできない代替性のない存在」と規定し,

消防団員の処遇改善や教育訓練,教育活動,資格制度の創設,さらには地方公共団体や事業者・大学等との連携強化を進めてまいります。