今枝宗一郎の争点・実績・政策

  • この1期で強く関わった法律と政策

【法律】 消防団地域防災力強化法花き振興法内水面漁業振興法小規模企業基本法過労死防止対策推進法

【政策】 蒲郡市民病院の医師増員など東三河の医師確保ドクターヘリの確保国道23号などインフラ整備の飛躍的推進蒲郡港水深11m新岸壁の前倒し完成メタンハイドレート実用化へ飛躍的推進施設園芸へのヒートポンプ導入拡充燃油高騰対策子どもの元気!農山漁村で育むプロジェクト危険ドラッグ対策

 

  • 今回の2つの争点

<①今回の選挙の争点> ローカルアベノミクス!

消費税増税は延期して、地域経済の活性化策を進めます!

社会保障の安心の為には財源の確保が必要ですが、タイミングを間違えてはいけません。アベノミクスは日本経済に希望を生み出しましたが、経済の好循環が地方へと波及するのはこれからです。地域経済の活性化のために、それぞれの地域でローカルアベノミクスを推進する必要があります。地域企業の競争力を向上させる産官学技の連携、観光力の底上げ、農商工観連携で農業水産所得を引き上げ、林業再生、新エネルギーの推進などに取り組みます。

<②今回の地元の争点> 子どもとお母さんの命を守る!

安心して子どもを産み、育てられる地域を作ります!

産婦人科医不足で、蒲郡では出産数が制限されています。新城北設では出産ができません。近くで産めないということは、子どもとお母さんの命を危険に晒します。この問題を解決するため、蒲郡と新城に来てくれる産婦人科医を確保することができました。現在準備中の体制によって、蒲郡で子どもを産みたい人は全員蒲郡で産めるようになります。新城では24時間365日安心の周産期医療体制が構築される予定です。引き続き働かせてください!

 

  •  今枝宗一郎の政策

【医療・介護崩壊は絶対阻止!】

・社会保障は生活の基盤です。
・地域医療を守る為の法律の制定
医師、看護師、介護士の不足解消と処遇の改善
社会保険の一元化や予防医療・介護の推進で安心できる社会保障体制を構築

【安心と誇りの持てる東三河へ】

・蒲郡と奥三河新城での産科医確保
蒲郡港・御津港の整備
医療健康や新エネルギーなどの新産業
・鳥獣害対策の徹底
命の道整備(R23、151、247、473、名浜、三遠南信、北設井桁道路等)

【偏差値教育をぶっ壊す!】

・地場産の良さを実感できる食育のために給食費無償化
・幼児教育無償化と質と量の向上
少人数学級、先進諸国並みの教員数
・キャリア教育推進:地域に開かれた学校、産官学連携インターンシップ拡充

【霞が関解体!地域の時代へ】

・道州制と市町村広域連合の推進
・地方自治体への権限・財源・人間の移譲
・国民の為に公務員が働く為の制度改革
・議員数削減と議員報酬等の見直し

他にも、外交・安全保障税制改革憲法問題など国家として責任を持つべきことにも積極的に活動してまいります。

Comments are closed.