メタンハイドレート実用化へ飛躍的推進

円安は経済を活性化させる一方で,化石燃料を輸入に頼っている我が国においては燃料価格の高騰をもたらします。

私たちの生活のなかで,ガソリンやガス,電力が高くなることは生活を苦しくしますし,輸入代金が膨らむことは経済成長にとっても望ましくありません。

そこで,出来る限り自国内でエネルギーを確保するエネルギーの安全保障が大切となります。

再エネの普及はその方策の一つですが,日本の周辺に埋蔵されているメタンハイドレートという燃料の利用も日本の未来を拓くもう一つのカギです。

これまでも資源量調査が行われてきましたが,実際の生産に向けて大きく前進しております。

今後も,エネルギーの国内生産を早急に実現するために政治からの支援を推し進めます。