燃油高騰対策

施設園芸に関わる燃油価格高騰緊急対策の事業起源を延長し,平成27年度4.2億円の概算要求となっております。

世界的な燃料価格の高騰や,円安の副作用によって急速に燃料価格が高騰しております。

燃料価格の高騰は特に施設園芸農業の安定的で継続的な経営を困難にしております。

省エネ型経営の転換を支援して経営体質の強化を図るとともに,燃料価格が乱高下した場合のセーフティーネットを整備する必要があります。

そこで,施設園芸省エネ設備のリース導入支援を図るとともに,燃油価格が一定基準以上に上昇した場合に補てん金を交付するセーフティーネットを構築しております。

効率的で持続的な漁業経営のためにも省燃油活動推進事業として80億円,省エネ機器等導入推進事業で28億円,

さらには漁業経営セーフティーネット構築事業で95億円の予算を確保いたしました。

継続的に発展する地域経済のために,省エネを推し進めるとともに,国際環境の荒波に影響を受けないようなセーフティーネットを整備いたします。